2011年02月11日

30

image/2011-02-07T10:56:53-1.jpg

30歳なんて、はるか先のことかと思っていたけど、先日30歳になってしまった。
何かの区切りの様な歳だけど、何も変わらない。

子供の頃、想い描いていた様な大人とはだいぶ違う感じになってしまった。

年を重ねる毎に、時間が過ぎるのが早く感じる。
会いたい人、描きたい絵、しなくてはいけないこと、どれも時間が足りない。
人との関わり、友達、絵を描く時間、ひとつひとつ大事にしていきたいと思う。
きっと、40になるのもあっという間だろう。

写真は、教室で一緒に働いている、作家の渡抜亮くんがつくってくれました。
ありがたい・・
posted by 蔵野春生 at 01:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする