2011年03月21日

10日経って



地震が起きたとき、ビルが壊れてしまうかもしれない、もしかしたら死んでしまうかもしれない、そう思うくらい大きい地震だった。
石膏像はほとんど破損してしまい、コレクションしていた骨董品や酒器など、だいぶ割れてしまった。
普段の平凡な生活が、眩しいくらい幸せだと実感した。
何故こういうときでしか実感ができないのだろう。

被災地の方のことを想うと、うまく言葉にできません。
被害の大きさを考えると、私の力はあまりに無力ですが、精一杯復興に協力させていただきたいと思います。

やることが山積みのなか、ニュースばかり気になって何も手がつかず、気疲れしていた。
久々に何も用事がない今日は四時間も昼寝してしまった。
こういうときこそ、絵を描かなくてはと思う。
気疲れしている場合ではないかもしれない。

頭の割れた石膏像は、見ていると可愛そうになるので、頭の中に土を入れてチューリップでも育ててみようかなと考えています。

今日の一曲「スペイン舞曲4番・Villanesca」 作曲 エンリケ・グラナドス 演奏 アリシア・デ・ラローチャ


posted by 蔵野春生 at 20:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。