2009年03月10日

グループ展のおしらせ

久しぶりの更新です。

「春きらら展」3月21日(土)〜29日(日)於:鎌倉かさぎ画廊
10人のアーティストによるグループ展です。
蔵野は小品を三点展示します。

下記URLで、出品作品のすべてを観ることができます。

http://www.kasagi-garo.com/event/index.html

散歩がてら、観に来ていただければうれしいです。

posted by 蔵野春生 at 23:32| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

風邪

一週間くらい前にひいた風邪が、なかなか治らない。
やることはたくさんあるのに、部屋も散らかったままで、何をするのにもままならない。

昨日、「きらきらひかる」という映画を観た。
とあるシーンで、主人公がレストランのウェイトレスに「あなた、幸せ?」と聞くシーンがあった。
それに対して「幸せですよ、生きるってそういうことでしょ」と返答していた。
そのシーンがすごく印象的で、いい言葉だなと思った。

「幸せ」というのは、なんだか言いづらい言葉である。
それが、なぜか分からないけれど、会いたい人がいる、したいことがあるということが、きっと幸せなのかもしれない。
posted by 蔵野春生 at 02:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

新年

nenga2009-2.jpg nenga-2009-1.jpg

あけましておめでとうございます。

新年といっても、特に何の感慨もありませんが、正月で一番うれしいことは、年賀状が届くことです。
年賀状に関しては、あまり情熱的に取り組んでいなかったのですが、三年くらい前からはちゃんと出すようになりました。

この人はこういう文字を書くのかとか、素敵なデザインの年賀状があったり、眺めているだけで小さな幸せを感じます。
紹介したいくらい素敵な年賀状もありましたが、とりあえず、僕の作ったものを紹介します。

今年は年賀状を二種類作りました。
主に女性バージョンの図柄を使用しましたが、たまに牛の図柄も使いました。
どちらとも、ゴム版画の二色刷りです。
(住所を知っている方全員に送ったわけではないので、もし欲しい方がいましたらメールにてご連絡ください)

新年早々、風邪をひきました。

今年もよろしくお願いします。

posted by 蔵野春生 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

ふと

先日、ホームページのデザインを新しくしました。
よかったら、見てみてください。

クリスマスや正月はあまり好きでないのですが、年賀状という習慣は好きです。
普段余り会わない人に送れるきっかけがあることや、もちろん頂くのも嬉しいです。
ゴム版画で絵柄を刷ったり、宛名を書いたりという単純作業も好きです。

今年は約200枚くらい書いたのですが、もっと増えてしまうと、手書きやゴム版画は、すこし難しいかもしれません。
せめて、宛名だけは手書きでいきたいと思いますが。。


前回の日記で紹介した、芸術センター記念絵画公募展ですが、どうやら入場料がかかるとの事です。
知らずに見に行ってくれた方、ごめんなさい。
無料券を頂きましたので、もし見に行く予定がある方は、ご連絡ください。
posted by 蔵野春生 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

第二回芸術センター記念絵画公募展

第二回芸術センター記念絵画公募展というコンクールで、出品作品「一日じゅう」が銅賞を受賞しました。
展示については、以下のとおりです。

展示期間 2008年12月14日(日)〜2009年1月17日(土) 10:00〜17:00
入選者巡回展 於:東京芸術センター 2Fホワイトスタジオ 

東京芸術センターは北千住にあります。
北千住はあまり馴染みのない場所でしたが、素敵な街並みで、思わず住みたくなりました。

蔵野の作品は一枚しかありませんが、お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

東京芸術センターホームページ http://www.art-center.jp/tokyo/
posted by 蔵野春生 at 17:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

デッサン

先日、大学時代に教わった、今井先生の展覧会を見に行ってきました。
言葉ではうまく言えないけれど、本当に素敵な展示でした。

よい展示をを見ると、絵がとても描きたくなります。

展示はもうじき終わってしまいますが、興味がある方は是非。

−あざなえる色と形−今井信吾 展」 於:多摩美術大学美術館
会期:2008年12月3日[水] → 12月18日[木]

あくまで個人的な意見ですが、デッサンは、形や量感を正確に捉える、ということもありますが、物の本質・情感を表現するということが大事だと思います。

僕も日々デッサンをしていますが、形がうまくいかなかったり、印象が違ったり、試行錯誤しています。
みせるのが恥ずかしいようなデッサンもありますが、一生懸命描くこと、続けていくことが大事なのだと思います。

女性ばかり描いておりますが、デッサンを数点ホームページにアップしましたので、よかったらのぞいてみてください。

http://kurano-haruo.com/works.html
posted by 蔵野春生 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

あきらめる

d-2.jpg
「諦める」ということを、仏教の世界では「明らめる」「真実を明らかに知る」「さとる」という意味で使うらしい。
「諦める」と書くと、どうしてもマイナスなイメージが浮かぶけれど、「明らめる」と書くとなんだか清清しい感じがします。
posted by 蔵野春生 at 01:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

風邪をひく

2sf.jpg

風邪をひきました。
もう治ったのですが、風邪をひいていると、気兼ねなく怠けられるので、うれしいです。
見たい映画を寝込んでいる間に、10本くらい見ました。
つまらない映画も面白い映画もありましたが、とても印象に残った映画で「異人たちとの夏」という映画がありました。

中年の主人公が、28年前に死んでしまった両親に再会するという不思議なお話でした。
とても素敵なシーンがたくさんあり、両親と主人公の再会のシーンではポロポロ涙してしまいましたが、後半の展開が急にホラー映画のようになってしまい、残念でした。
しかし、ホラーのシーンをのぞけば、本当に素敵な映画でした。

風邪が治ってしまったので、仕事したり、部屋を片付けなければいけないのが、残念です。

*画像は映画とは関係ありません。
posted by 蔵野春生 at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

何をするのも億劫で

「何をするのも億劫で、かといって眠るのも惜しいような夜」というような歌詞が、友部正人さんの歌にありました。
最近、本当に何をするのも億劫で、絵も描く気が起こらないことがあります。
締め切りがあるときは、そんなことは言っていられないのですが。

疲れているとき、気力がないときは、暗い曲や静かな曲を聴くと、徐々に前向きな気分になります。
ヘッドホンで激しい曲を聴いて、無理やり体を動かすのも手ですが、そうすると終わった後の疲れがさらにひどいので。

最近、とても素敵な映画を二つ見ました。
「戦場のピアニスト」「渚のシンドバット」
少し前の映画ではありますが、素敵なシーンが幾つもあり心が震えました。
素敵なシーンというのは、普段生活していく中でも、いくつも散らばっていて、それにちゃんと気づけるように、忘れないように生活したいです。

自分にとって映画は、幸せなときよりも、すこし落ち込んでいるときに必要な気がします。
posted by 蔵野春生 at 05:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

あたらしい

少し時間がたってしまいましたが、ホームページを移動しましたので、お知らせします。

http://kurano-haruo.com

全面的にリニューアルしましたので、良かったらのぞいてみて下さい。

絵画教室のホームページも作りました。

http://nishi-shinbashi.com

教室は新橋にありまして、作家の渡抜くんと一緒に講師をしています。
こちらも、宜しかったらのぞいてみてください。
posted by 蔵野春生 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

わたしの歌を、あなたに

yanagi-kaneko.jpg

現在発売中の、小説「わたしの歌を、あなたに」の表紙画を担当しました。

http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309018836

柳兼子さんという方の伝記なのですが、このお仕事が来るまで柳兼子のことを恥ずかしいことに、まったく知りませんでした。
柳兼子さんは、柳宗悦さんの奥様で、柳宗理さんのお母様です。
兼子さんのすばらしい歌は、CDやDVDが発売されていますので、興味がある方は、ぜひ。

創作の分野は違いますが、大きな事を兼子さんから教わった気がします。
本屋さんにお立ち寄りの際は、ぜひ手にとっていただけるとうれしいです。
posted by 蔵野春生 at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

悪夢のドライブ/独立展

akumu.jpg

「悪夢のドライブ」(幻冬舎 出版/木下半太 著)という小説が、本日出版されました。
表紙画は蔵野が描いたものですので、本屋で見かけたら、ぜひ手にとって見てください。
そして、宜しければ、ぜひ購入してください。。

http://www.gentosha.co.jp/search/book.php?ID=202046

去年も出品した独立展に、今年も出品しました。
蔵野の絵は一枚だけしか展示していませんが、六本木にお立ち寄りの際には、ふらっとお越しいただければ幸いです。

http://www.nact.jp/exhibition_public/index.html
posted by 蔵野春生 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

ともだち

本日9月14日は友達のたっちゃんの命日でした。
親戚なのだけど、あまりに仲がよかったので、あえて友達と呼びます。
あっという間に四年、27歳の僕は彼よりも長生きをしてしまいました。

命日や誕生日お盆や正月も、その日が特別なわけじゃなく、毎日同じ大きさで一日が存在している気がします。
だけど、今日はたっちゃんの命日だったので、彼の住んでいた栃木に行きました。

一緒に暮らした武蔵境でのことや、子供のころ遊んだ小さな川、様々な場所に思い出が散らばって、ゆるい風に流されていくような、そんな日でした。
たっちゃんのいない栃木はやっぱり寂しいですが、きっと次第に慣れてしまうでしょう。
四年もたってしまったのです。

親しい人がいなくなるのは寂しいことですが、それだけではありません。
この世に彼がいないことが、僕にとっても、たっちゃんの周りの人にとっても、意味があることなのです。

いつか読んだ本に「目に見えないものは、思うことによって存在する」という言葉がありました。
彼が言ったこと、残してくれたことを忘れないように、大事にして生きていきたいと思いました。
posted by 蔵野春生 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

神戸

神戸芸術センターでの個展がもうすぐ終わります。
来てくださった方、本当にありがとうございました。

色々な方々とお会いできて、三回くらいしか会場には行けませんでしたが、展示できて良かったと思います。
今回は神戸を二往復しました。

京都にも滞在していたのですが、あこがれのイノダコーヒーに行ったり、他に何件も喫茶店を梯子しました。

イノダコーヒーは想像よりも綺麗で広いお店でした。
六曜社という喫茶店のコーヒーが本当に美味しくて、五回も行ってしまいました。
旅先で美味しいコーヒーに出会うと、涙が出そうなくらい、本当に幸せな気持ちになります。

来月から、新橋に新しく絵画教室を始めることになりました。
HPができましたら、紹介させていただきますね。

神戸に行ったりしているうちに、仕事や私事がたくさんたまってしまって、慌しく生活しています。
こういう忙しいときこそ、普段ろくに更新していない日記を更新したりしてしまうから、不思議です。

好きで好きでしょうがない映画があります。
「ポンヌフの恋人」「アナとオットー」「ストレンジャー・ザン・パラダイス」「ミツバチのささやき」「三月のライオン」「鏡」「突然炎のごとく」「お熱いのがお好き」「パリ・テキサス」「さらば、わが愛」「霧の中の風景」「街の灯」「ホテル・ニューハンプシャー」「フライド・グリーン・トマト」「ギルバート・グレイプ」「月曜日のユカ」「カラスの飼育」「陽炎座」・・
大好きな映画を羅列してみました。
好きな映画というのは、人間の描き方がとても上手だと思います。

なにかおすすめの映画がある方は、教えてくれたらうれしいです。
posted by 蔵野春生 at 01:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

神戸芸術センター

神戸芸術センターという場所で個展をすることになりました。
まだ、神戸には行ったことがないので、楽しみです。

展示会場が大きいので、大作中心の展示になります。
前回の東京での個展と同じ作品も多く出品しますが、ご都合がよろしければ是非お越しください。
今回は遠方ですので、案内状はほとんどお送りしておりません。
DMをご希望の方がいらっしゃいましたら、mailにてご連絡ください。

芸術センター記念受賞作家 蔵野春生展
場所・神戸芸術センター・ミューズアーケード
日時・2008年8月1日〜2008年8月28日 10:00〜17:00

詳細は下記URLのイベント欄をご覧になってください。

神戸芸術センターHP http://www.art-center.jp/kobe/

posted by 蔵野春生 at 02:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

二回目の個展

個展w.jpg個展.jpg

今月末、個展をすることになりました。

-----------------------------------------------------
蔵野春生 展

2008年5月26日(月) - 6月1日(日)
12:00-19:00(最終日は18:00まで)

Gallery SATEN
〒105-0003 東京都港区西新橋2-9-4 クインズビル一階
-----------------------------------------------------

DMは、住所を知っている方にはなるべく出そうと思いますが、DMが欲しい方がいらっしゃいましたら、住所をメールにて教えてください。

よろしくお願いします。
posted by 蔵野春生 at 17:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

帰ってきました

少し時間が経ってしまいましたが、三月五日に日本に帰国しました。

多くの美術館、一緒に旅行してくれた友達、出会った人、町並み、いろいろありましたが、日本に戻ってきて、少しほっとした気がします。
日本、まだ寒いですね。
計4ヶ国行きましたが、一ヶ月がやたら長く感じました。
きっとこんなに長く旅することは、もうほとんどないかもしれないな。。

高円寺に戻って、久しぶりのマイホームに帰ると、家の様子が少し変です。
同居人の絵がない。棚がない。同居人がいない。。

同居人に電話すると、「引っ越した」と一言。
どうやら、突然転勤が決まり、急いで引っ越したようです。
それにしても、置手紙くらいくれればいいのに。

気がつけば三年間も一緒に住んでいました。
思いつきで始まった生活でしたが、なんだか一人暮らしというのは淋しいものです。

旅行のときもそうだったけれど、一緒にいた人というのは、いなくなったときが一番、その人の大切さがわかる気がします。
posted by 蔵野春生 at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

もう少しで

2/5から、一ヶ月間海外に行きます。
ドイツ、オーストリア、チェコに行く予定です。
帰国は3/5です。

海外にいる間は、携帯電話がつながりませんので、haruo_kurano@hotmail.co.jp にご連絡お願いします。
posted by 蔵野春生 at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

芸術センター記念絵画公募展

芸術センター記念絵画公募展というコンクールで審査員賞をいただきました。
北千住にある東京芸術センターというところで、二枚展示しています。

芸術センター記念絵画公募展
場所・東京芸術センター・2Fホワイトスタジオ
日時・2007年12月10日〜2008年1月9日(12/29〜1/4休業)10:00〜18:00
http://www.art-center.jp/tokyo/

北千住を通ることがあったら、ついでに足を伸ばしていただけたらうれしいです。
posted by 蔵野春生 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渡抜くんのブログ

友人の渡抜亮くんがブログを始めました。

ほぼ毎日更新しているみたいで、日記には素敵な挿絵が載せてあります。
僕も、もう少しまめに更新しなくては、と思っています。

そのうち、渡抜くんの油絵もブログにアップされるようですので、是非のぞいてみてください。

http://ryowatanuki.com/blog/
posted by 蔵野春生 at 13:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。