2011年06月02日

世界素描大系

世界素描大系。

10年以上前、ぼくが浪人生だったころ、その本は予備校の講師室にあった。
本の厚さが5cm以上ある巨大な画集で、いろいろな時代いろいろな国の素描がその本には網羅されている。
絵がうまく描けないとき、憂鬱な気持ちでその画集をよく眺めていた。

定価は19万円もするので買えないと思っていたのだけれど、古本で10分の1くらいで全巻(6冊)購入することが出来た。
一枚一枚とても大切に印刷されていて、ずっとあこがれの画集でした。

ページをめくると、浪人時代のことを想い出す。

その当時仲が良かった友達も、半分以上は予備校を出てから会う機会がなくなってしまった。
あれだけ絵が好きで、絵で苦労をして来た人たちだから、いまも絵を描いていたらいいなと思います。
posted by 蔵野春生 at 02:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

展示終わって

DSC_0117.jpg

展示会の打ち上げで飲みすぎて、二日酔いになってしまいました。
昔はワイン3本とか飲めたのに。。
お酒は好きなので日常的によく飲むのですが、次の日のおまけが怖い今日この頃です。

展示会、来てくださった方、来れなかったけど応援してくださった方々、手伝ってくださった方、本当にありがとうございました。

地震のことや原発のことなど、何かと不安定な日々が続いていますが、無事に展示をすることができて、本当によかったと思います。
四日間、展示会場の受付をしましたが、色々な方とお話ししたり、読みたかった本を読んだり、ただボーっとしたり、それはそれは充実した時間でした。
来年はもっと長い展示期間にできればいいなと思います。

来年は、僕も個展をする予定ですので、日程が決まり次第ブログでご案内したいと思います。
posted by 蔵野春生 at 13:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

教室の展示

いま教室の生徒さんと一緒に展示をしています。

http://www.kanda-kaiga.com/ex.html

展示は明日までなのですが、お知らせしなくてごめんなさい・・
絵は、S50号一枚だけ出しています。

今回の展示作品数は55枚なのですが、並べてみるとそんなに多いようには見えない。
嫉妬してしまうような素敵な絵も多く、やっぱり展示会はいいなと思いました。
posted by 蔵野春生 at 19:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

10日経って



地震が起きたとき、ビルが壊れてしまうかもしれない、もしかしたら死んでしまうかもしれない、そう思うくらい大きい地震だった。
石膏像はほとんど破損してしまい、コレクションしていた骨董品や酒器など、だいぶ割れてしまった。
普段の平凡な生活が、眩しいくらい幸せだと実感した。
何故こういうときでしか実感ができないのだろう。

被災地の方のことを想うと、うまく言葉にできません。
被害の大きさを考えると、私の力はあまりに無力ですが、精一杯復興に協力させていただきたいと思います。

やることが山積みのなか、ニュースばかり気になって何も手がつかず、気疲れしていた。
久々に何も用事がない今日は四時間も昼寝してしまった。
こういうときこそ、絵を描かなくてはと思う。
気疲れしている場合ではないかもしれない。

頭の割れた石膏像は、見ていると可愛そうになるので、頭の中に土を入れてチューリップでも育ててみようかなと考えています。

今日の一曲「スペイン舞曲4番・Villanesca」 作曲 エンリケ・グラナドス 演奏 アリシア・デ・ラローチャ


posted by 蔵野春生 at 20:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

30

image/2011-02-07T10:56:53-1.jpg

30歳なんて、はるか先のことかと思っていたけど、先日30歳になってしまった。
何かの区切りの様な歳だけど、何も変わらない。

子供の頃、想い描いていた様な大人とはだいぶ違う感じになってしまった。

年を重ねる毎に、時間が過ぎるのが早く感じる。
会いたい人、描きたい絵、しなくてはいけないこと、どれも時間が足りない。
人との関わり、友達、絵を描く時間、ひとつひとつ大事にしていきたいと思う。
きっと、40になるのもあっという間だろう。

写真は、教室で一緒に働いている、作家の渡抜亮くんがつくってくれました。
ありがたい・・
posted by 蔵野春生 at 01:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

ティボー

ジャック・ティボーというバイオリニストのCDを、最近よく聴いている。
少し前にラジオで聴いてから気になっていたのだけど、アルバムを買って聴いたら本当に素敵だった。

クラシックを聞き始めると、いつものCDやラジオをパッタリ聞かなくなる。

演奏家の好みはあるけれど、古典の曲はすべて好きな気がしてくる時があります。
posted by 蔵野春生 at 23:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

おしらせ

久々の更新になります。

第四回芸術センター記念絵画公募展というコンクールで審査員賞という賞をいただきました。
展示会場と日程は下記の通りです。

日本芸術センター巡回展

-第4回絵画公募展・第2回彫刻コンクール入選・入賞作品展示-

【神戸会場】
2010 年12 月16 日(木)〜2011 年1 月23 日(日)
開館時間 10:00〜17:00(12/29〜1/4 を除く)
場所 神戸芸術センター2F、3F
入場料 一般400 円/学生200 円
※絵画公募展・彫刻コンクール入選・入賞作品展示

【福岡会場】
2011 年2 月1 日(火)〜2011 年2 月28 日(月)
開館時間 11:00〜19:00(日曜日・祝日を除く)
場所 福岡芸術センター1F ギャラリービアンカ
入場料 無料
※絵画公募展入賞作品展示

作品は、ホームページのほうでも閲覧できます。
ホームページの更新もだいぶご無沙汰になってしまいました。

http://kurano-haruo.com/2007-2008.html

ホームページもブログもなかなか更新できていませんが、絵は毎日描いています。
せめて、ブログだけでももう少し頻繁に更新できるようにしたいです。
posted by 蔵野春生 at 01:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

近況

思えば、七月の終わりから今日に至るまで、一度も神田のアトリエに行かなかった日がない。
今年も独立展に出品しましたが、いままでで一番時間がなく、何日も徹夜を繰り返して、どうにか完成しました。
来年はもっとゆとりを持って始めたいけれど、なぜかいつも締め切り前は徹夜続きになってしまう。

展示の詳細は、下記の通りです。

第78回 独立展
会期 10月13日(水)〜10月25日(月) 
場所 国立新美術館
一般 700円 / 金曜日午後6時以降 無料
大学生以下・障害者手帳をお持ちの方及び付添者1名まで 無料

蔵野の作品は一枚だけですが、お近くにお越しの際はお立ち寄りいただければ幸いです。

今は新しい絵のことをいろいろ考えている。

最近は、人のやさしさに触れて、感動することが多い。
もう、秋ですね。
posted by 蔵野春生 at 01:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

木琴

二年前くらいに、ラジオから流れてきた曲で、木琴でクラシック音楽を演奏した曲がありました。

ラジオのアナウンスによると、その曲が入っているアルバムの全曲が、木琴だけで演奏されているとのこと。

あれから、ずっと探していて、なかなか見つからないのですが、ご存知の方がいましたら是非教えてください!
posted by 蔵野春生 at 00:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

ハクビシン

二ヶ月前くらいに、高円寺の下宿先近くでハクビシンを見ました。
最初、猫かなと思ったのですが、歩き方や横顔の感じが違い、よくよく見ると紛れもなくハクビシンでありました。

インターネットで検索してみると、ハクビシンは東京都二十三区内に数百頭生息しているとのことです。
ハクビシンを見たのは初めてだったこともあり、屋根を軽快に走り回るハクビシンを見ながら、奇跡の瞬間のように感じ、感動しました。

高円寺はもう引っ越してしまったので、教室のバルコニーからハクビシンいないかなとか考えながら、度々周りを見渡してみたりしますが、やはりいません。

高円寺のハクビシンは、何を食べ、どこに生活しているのでしょうか。
posted by 蔵野春生 at 01:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする